カード付帯海外旅行保険の注意点

カードの選び方

 海外旅行保険で重要なのは、傷害、疾病の治療費用の補償部分です。
 死亡、後遺症保険金額を大きく宣伝するところもありますが、死亡保険は、生命保険で考えておけば足りることです。死亡するのは一度きりですから、その時のための生命保険です。

 海外旅行保険で重視すべきは、傷害、疾病の治療費用の補償部分です。
 年会費無料海外旅行保険付きクレジットカードカタログでは、その視点から、お得なカードを選んでみました。

気をつけたいこと

 カード付帯海外旅行保険の保険そのものは、損害保険会社のものですので安心してください。
◆ 保障条件のあるものがある。
  自動付帯されるものが多いですが、一部に旅行代金等の一部をそのカード支払うことを条件とするものがあります。
  ただ、これについても、多くの場合、旅行代の手付け金や、空港に行くまでの電車代などをカードで支払うだけでも保険は適用になります。

◆カードを複数枚もっている場合の注意点
 先に紹介した補償額の合算は、それぞれのクレジットカードの発行会社が違っている場合に限ります
  例えば、”NICOS○○カード+NICOS△△カード”というように発行会社が同じ場合は、この補償額は1枚分だけになります。
  (国際ブランド(VISA、Masterなどの部分)は重なっても構いません。)

  ※UFJカードとNICOSカードとは合併して1つの発行会社となっていますが、別個のカードとして補償額は合算できるそうです。

◆また保険金をするためには、現地で書類をそれぞれ手配しなくてはならないものもあります。
帰国後に手配するのはたいへんですので出発前に確認しておきましょう (カード会社に資料を請求します)。

          年会費無料海外旅行保険付きクレジットカード ≫≫≫

VISAデビットカード

高校生も使えるVISAカード

 こちらのVISAデビットカードは、VISAのクレジットカードが使えるところであれば、ほとんどのところでクレジットカードと同じように使用できます。
 小売店だけでなく、通信販売、オンラインショッピングまでクレジットカードと同じように使用できます。
   (国内260万以上、世界中に2,400万以上あるVISA加盟店で24時間365日)

 カード発行の審査がなく、15歳(高校生以上)から申込可能となっていますで、これまでクレジットカードを使えなかった人も、VISAクレジットカードと同じように使えるわけです(銀行口座に残高がある範囲内)。

 また、VISAのクレジットカードと同じように≪現地通貨お引き出しサービス≫を利用して海外ATMからも現地通貨を引き出せます。
          VISAデビットカードの詳細≫≫≫

掲載情報は最新かつ正確なものをと心掛けておりますが、
ご利用の際には、ご自分にて確認の上、各自の責任にてお願いいたします。

[PR] 東京スター銀行おまとめローン 申し込みブラックOK 融資審査基準 ネットローン
inserted by FC2 system