海外旅行保険の賢い加入方法


節約 賢い加入方法

個別保険の活用

 海外旅行には旅行保険への加入が絶対に必要です。しかし、充分に補償をつけようとすると保険料が高くなってしまいます。そこで、賢く加入して保険料を節約することが必要です。
 まず、損害保険会社の販売する海外旅行保険に加入する方法があります。
 このとき、お得な加入方法は個別(いわゆるバラ掛け)加入をうまく使うことです。
 先にもお話ししたように、海外旅行保険で重要なのは、傷害、疾病などの治療費用の補償部分です。(『海外旅行保険の基礎知識』を、お読み下さい) この部分を厚くする加入法がおすすめです。
 いちばん安いセットを基本にして(海外旅行保険付きクレジットカードがあるときはこの部分も不要)、治療費用補償の部分をさらに個別加入するのがよいかと思います。
 リスクを細分化して、必要な分だけバラ掛けできる保険も出てきています。

 さらに、それよりもお得なのが、次にお話する海外旅行保険付きカードです。
家族で年に何度も海外に行く人などは、たとえカード年会費を払ってもお得な場合があります。
 もちろん年会費無料のカードなら、ときどきしか行かないという人でも、お得なのはいうまでもありません。
 ご自分の事情に合わせて選択してください。

クレジットカード付帯の海外旅行保険

 かしこく個別加入を活用しても保険料はそれなりに高額になります。
 そこでお薦めなのが、海外旅行保険付きクレジットカードです。
 
 これは、クレジットカードに加入するだけで海外旅行に出掛けるたびに自動的に海外旅行保険での補償がされるものです。
 1回あたり最長3ヶ月間補償されます。カード会員である間は、何度海外に出かけてもこの補償がなされます。 (旅行費用等をそのカードで支払うことを条件とするものが一部にあります)。
 保険そのものは、損害保険会社のものですので安心です。

 しかも、複数のクレジットカードに加入した場合の補償額は、(死亡、後遺症補償を除いて)、合算することができます。  (参考:『気をつけたいこと』
 先にもお話ししたように海外旅行保険で重要なのは、傷害、疾病などの治療費用の補償部分です。 この治療費用部分が合算できるのです。
 たとえば傷害治療費補償額最高200万円のクレジットカード2枚に加入すれば、合算して補償額を最高400万円にすることができます。

           無料で海外旅行保険 のページへ ≫≫≫

掲載情報は最新かつ正確なものをと心掛けておりますが、
ご利用の際には、ご自分にて確認の上、各自の責任にてお願いいたします。
[PR] 東京スター銀行おまとめローン 申し込みブラックOK 融資審査基準 ネットローン
inserted by FC2 system